スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by たみぃ
 
[スポンサー広告
…ロン。
「NANA」 大谷健太郎監督(2005年)

若い女性を中心に熱狂的な支持を集める矢沢あいの同名コミックを、中島美嘉と宮崎あおい主演で映画化した青春ストーリー。
ケンイチさんはパンクバンドのベーシスト、シン役。

全体的にキャスティングが悪かった気がする。
漫画⇒実写にするとどうしてもコスプレっぽく見えてしまうのよね。
特にキャラが特徴的だと。
あとバンドやるんやったらもうちょっと楽器ができる人がやるべきだったかなぁ。

でも私は楽しく観られましたよ
原作に忠実に作ってあるけど別もの(キャラが…笑)みたいで新鮮でした。
宮崎あおいちゃん、本当凄い!!
あの奈々を嫌味なく可愛いと思わせる演技ができるのは、彼女じゃないとできない。
あと、個人的には庄司と幸子がナイスやと思ったわ。

シンちゃんは原作ファンには不評やったみたいですね。
まぁ私は終始「萌え~」な感じで見てたさ
出てきた時はちょっとうろたえたけど(あの服装が私には理解できなかった)。
メロンソーダを音を立ててすするのね、そんで「にっ」って笑うの!
可愛すぎる。
麻雀がめちゃ強くてね、にやって笑いながら「…ロン」って言うの!
お茶目すぎる。
奈々の足音がした時に、ナナが「…奈々かな?」って言ったら「…奈々かも」って言うときの表情!
萌 え 殺 す 気 で す か 。爆
ベースを弾くシーンは、やっぱりカッコイイ。
そんで細いからパンクファッションが似合うのよね。

2はどうなるんだろう。
個人的に、本郷奏多くんがあの格好をすると思うと…それこそどうかな?って思います。

続きでは、『NANA』のストーリー紹介をしています
 東京に向かう新幹線の中で偶然出会った小松奈々と大崎ナナ。何よりも恋を優先し、東京にいる彼氏のもとに向かう奈々。一方、パンクバンドのヴォーカルとして成功を誓い、東京を目指すナナ。20歳同士で同じ名前だったことで意気投合する2人。その後、引っ越し先の部屋でも偶然の再会を果たし、結局2人は一緒に暮らすことに。対照的な2人ではあったが、この奇妙な共同生活は周囲の予想に反し2人にとって充実したものとなり、ナナと奈々の友情は深まっていった。そんな中、ナナが東京でバンド活動を開始する。一方の奈々は彼氏との関係が危機を迎えていた。
スポンサーサイト
Posted by たみぃ
comment:0   trackback:0
[松山ケンイチさん出演作品

thema:DVDレビュー - genre:映画


comment
comment posting














 

trackback URL
http://tammy1.blog75.fc2.com/tb.php/13-c4a01718
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。