スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by たみぃ
 
[スポンサー広告
ロリコンだよ!!
『茶の味』 石井克人監督(2004年)

ケンイチさんはDVDのチャプターで言うと【喫茶ロマンチ】の中で
「マツカン先輩」として出てきます。
(最初「松ケン」に聞こえてビビった~!マツカンだったんですね)
5分も出てないかも。そして台詞も少ないです
が、彼の一言で爆笑!!!

作品も面白かった。
喜劇なんだけど、大爆笑、って感じじゃなくて「ふふ」って笑える映画。
1時間過ぎたところで眠くなった・・・のですが、最後に泣いてしまいました!!
ゆる~い感じで私は嫌いじゃなかったです。
他の人から評判も良いみたいなので、観て損はないと思いますよ☆

数少なかったケンイチさんの爆笑台詞↓

中学生A 「先輩誰が好きなんすか?」
松     「俺は…リンダ」
中学生A 「えっ中1の…?」
中学生B 「先輩、ロリコンなんすか?」
中学生C 「先輩ロリコンとか言ってんじゃねぇぞ!」
   (Cの頭を叩いて)「「ロリコンだよ!!!」

・・・ロリコンかよ!!!爆笑
この後『渋谷怪談2』を見ると更に楽しめます。

続きでは、『茶の味』のストーリー紹介を載せています
春野家の家族は皆、他人には言えないモヤモヤを心に抱えている。
内気な長男、ハジメ(佐藤貴広)は転校生のアオイ(土屋アンナ)に一目ぼれ。
妹、幸子(坂野真弥)の葛藤は、ときどき巨大な分身が勝手に出現することだった。
専業主婦の母親、美子(手塚理美)は、アニメーターにい現場復帰するため奮闘中。
父ノブオ(三浦友和)はそんな妻に取り残された感じの片田舎の催眠治療士。
いつも自由な変人オジイ、アキラ(我衆院達也)。
元カノにヒトコト言えずに、橋の上を行ったり来たりの叔父さんアヤノ(浅野忠信)。
皆どこかヘン、だけど愛おしい春野一家のピースな物語!
スポンサーサイト
Posted by たみぃ
comment:0   trackback:0
[松山ケンイチさん出演作品

thema:DVDレビュー - genre:映画


comment
comment posting














 

trackback URL
http://tammy1.blog75.fc2.com/tb.php/7-b34b1bd7
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。